ピラゴラスな日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pythagoras -ピタゴラス-

考えるブログ。

天才は変人で天才はバカである。

 

天才はバカである。

 

このような言葉は、一般人の偏見も多少混じっているのではないだろうか。

 

天才は常識を疑っているだろうし、一般人とは価値観や考え方が違う。

故に、周囲とわだかまりが生じてしまう。

 

かの有名なアインシュタインもその一人だ。 

 

天才だから幸せというものでもない。

 

アインシュタインの脳は死後、家族の許可を得ずに解剖され、取り出されてしまう。

取り出された脳は、40年間も研究に使われているという。

アインシュタインの脳は、薄くスライスされ、数々の研究者たちに渡ったようなので、一般人の私から見たら、脳とは分からないだろう。

私の想像では、プレパラートの上に乗るくらいの薄さにされてしまったのだと考える。

 

そう考えると、天才というのも考えものである。

 

それでは、ヒトでした。