ピラゴラスな日々

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pythagoras -ピタゴラス-

考えるブログ。

医療用大麻とは。

ニュースでは10/25に逮捕された高樹沙耶容疑者の話で持ちきりだ。

容疑は大麻取締法違反(所持)で、現行犯逮捕。

 


【現行犯逮捕】高樹沙耶について印象を安藤優子が坂上にコメントを求める

 

注目したいのは、

今年の夏、高樹沙耶容疑者は参院選で医療用大麻の必要性を訴えて出馬している。

 

ここで医療用大麻というワードが出たわけだが、私には到底聞きなれない。

そもそも、医療用大麻というものが存在するのか。

厚生労働省は「医療用大麻は存在しない」としている。

医療目的での大麻使用は、アメリカの一部の州やカナダなどでは許可されている。

 

ニュースでは、ここまで教えてくれた。

 

だが、私の中ではわからないことが1つだけある。

日本の厚労省は「医療用大麻は存在しない」としているのに、アメリカやカナダではどのようにして医療で大麻を使用しているのか。

 

そこで医療大麻 - Wikipediaで調べてみた。

 

そもそも、大麻は品種ごとに含有される大麻成分が異なるため、得られる効果が違うみたいだ。

だから、大麻には多くの銘柄があるらしい。

 

納得した。

そういうことだったのか。

たった数行でスッキリした。

ニュースでも、ここまで説明してくれれば、私もモヤっとしなかったのだが。

 

ちなみに、アメリカやカナダで処方される医療用大麻は、ほとんどが乾燥大麻として処方され、摂取方法も嗜好品としての大麻と同様に、喫煙やパイプで摂取するらしい。

 

薬物を使用したことがない身としては、合法とはいえ、乾燥大麻を処方された暁には、周りに警察がいないか探してしまうことだろう。

 

それでは、この辺で。

ヒトでした。